ブライダルビズ トップ > コラム・連載 > 面接当日の訪問時間と準備

面接当日の訪問時間と準備

しっかりと面接対策をしてきたのに、当日それが発揮出来なければそれまでの準備も水の泡です。
特にブライダルの企業は、見た目の清潔感や身だしなみ、振る舞いなどのマナーも重要ですので、面接当日は細心の注意をはらい、面接に挑みましょう!!
①面接場所は事前にチェック
当日は、面接最寄り駅に1時間程前に到着し、面接場所の建物前まで行ってみる事をおすすめします。
携帯で位置情報を確認しただけでは、不十分です。確実に場所の確認をして置きましょう。
②喫煙箇所には近寄らない
タバコを吸う方は、あまり臭いが気になる事は少ないかもしれませんが、吸わない方はタバコの臭いにとても敏感です。
面接でタバコの臭いをさせるのはあまり印象が良くない為、少なくとも1時間前からはタバコは控えましょう。
また、カフェなどに入る場合も自分は吸わなくとも喫煙スペースの近くに一定時間滞在すると、服にタバコの臭いがうつります。その為、面接前は喫煙箇所に近寄らないよう注意してください。
③面接場所の受付を訪れるのは、面接時間5分前!
遅刻は言語道断ですが、面接時間より早過ぎてもマナーとしては良くありません。
ブライダル企業の面接は、大抵、本社オフィスもしくは店舗で事が多い為、受付が設置されています。
5分前にその受付場所へ着く位がちょうど良いでしょう。
④面接部屋へ通されてすぐに座らない
受付から面接部屋へ通され、「少々こちらでお待ちください」とご案内いただく事が多いと思いますが、その間は基本的には椅子に座らず立って待つのがマナーです。
ご案内頂いた方から、「おかけになってお待ちください」と言われていたら座って待っていてもOKですが、面接官が部屋に来られたらすぐに立ち上がるようにして下さい。
また、面接官に「おかけ下さい」と言われるまでは自ら座らないよう注意して下さい。
その他にも、当日着ていくシャツやスーツにシワや汚れがないか。爪は清潔か。髪が乱れていないか等、特にブライダルのお仕事は新郎新婦はもちろん、そのお父様お母様から見た時に不快感を与えないかが重要なポイントとなります。
これらの内容も含めて、ブライダルビズでは面接の対策を無料で行っておりますので、是非ご活用下さい。
お問い合わせフォーム↓↓
https://bridal-biz.jp/entry/