コラム

女性も活躍できるブライダル業界について

39 views
0

ブライダル業界とは?ブライダル業界の仕事内容 ブライダル業界は、結婚式サービスの提供、式場の運営に携わる業界です。 その中には、ウェディングプランナーやバンケットサービス、 ドレスコーディネーター、介添人、テーブルコーディネーター、 フラワーコーディネーター、ヘアメイクアーティスト、 ブライダルエステティシャン、司会者、音響・照明など・・・ 多様な分野の職種から成り立っています。 新郎新婦と大きく関わり、希望や要望、予算などから 挙式・披露宴の準備のお手伝いをしていくのがウェディングプランナー。 新郎新婦と綿密に打ち合わせし、日程やプランが決定したら順次手配していきます。 また、当日の準備・サービス提供・片づけまで行うのがバンケットサービスです。 パーティー参加者へ同時に料理を提供するため、 細やかな気遣いと気配り、そしてリーダーシップとチームワーク力が求められます。     新郎新婦の希望を最大限に引き出す専門職種 新郎新婦やそのご家族の衣装を担当するのがドレスコーディネーター。 ドレス・和装・タキシード・両親の衣装のご提案から、 アクセサリーやベールなどのトータルコーディネートしていきます。 会場づくりに必須なのがテーブルコーディネーターやフラワーコーディネーター。 新郎新婦のイメージを具体的に表し、最高の空間つくりのお手伝いをします。     女性はライフステージで働き方が変わる 女性は、結婚や妊娠、出産、育児、または夫の転勤などで働き方が変わります。 ブライダル業界は、総合職としての働き方のほか、 契約社員やパート、アルバイトなどさまざま。 正社員・総合職で全国に結婚式場があるなどの場合は、 全国に転勤の可能性もありますが、希望する配属先へと融通が利く場合もあります。 専門分野での資格や実務経験、スキルがあれば、 途中休職していてもいつの時期でも復帰は難しくないでしょう。 ただ、育児や介護などで女性は働き方が変わります。 そのときは、就労時間や就労場所を考慮して働き方を変えることをおすすめします。     まとめ・ブライダル業界は女性が活躍できる業界 以上、ブライダル業界での働き方についてご紹介致しました。 上記に挙げた職種以外でも、ブライダルジュエリー販売や 結婚カウンセラー・婚活アドバイザー、オンラインコンシェルジュ、 ブライダルアシスタントマネージャーなど、ブライダルに携わる職種の幅は広く、 その分女性の活躍の場所が多いということですね。 このように、ブライダル業界は、女性も活躍ができる業界と言えるでしょう。   いかがでしたでしょうか・・・? ブライダル業界へのご転職をお考えの方は是非 ブライダルビズへお問い合わせ下さいませ♪ お問い合わせフォーム↓↓ https://bridal-biz.jp/entry/]]>