コラム

トレンド?営業?プランナーに必要なスキルとは

47 views
0

ウェディングプランナーに必要なスキルとは? ウェディングプランナーと一言で言っても、こなす業務はとても幅広いものです。 数ある結婚式場の中から選んでいただけるよう、営業を行ったり、契約をとったり、 結婚式の内容を提案したり、当日を作り上げて行くまでに様々な人と調整し当日を迎えます。 結婚式までの一連の仕事の中で、必要とされる主なスキルは以下の通りです。   ・ビジネスマナー ・接客力 ・コミュニケーションスキル ・営業力 ・プレゼンスキル ・進行管理能力   次の項で詳しくそれぞれのスキル内容と、 どのように能力を向上させていくかについて触れます。   スキルの詳細とスキルアップ方法 先に挙げたスキルの説明とスキルアップ方法です。   ・ビジネスマナー:結婚式は一生に一度の大きなイベント。 値段も決して安くないばかりか、老若男女多くの人に接する機会があります。 どのような人に接しても失礼がないよう、 ビジネスマナーを身につける必要があります。 ビジネスマナーを向上させるためには、 実際にマナーが必要とされる接客業を経験したり、 社外の人と話す等の経験で伸ばすことができます。 現場での経験が積めない場合は、 ビジネスマナー検定のテキストを参考にすると良いでしょう。   ・接客力:新郎新婦はお客様です。 結婚式の準備から当日までは 半年から1年程度の期間をかけてつきあうこととなります。 お客様が何を求めてどのような結婚式を実現したいのかを聞き出す、 接客力が求められます。 接客力を伸ばすためには、 相手が何を望んでいるかを聞き出す傾聴力が大切です。 普段から人の話によく耳を傾け、 何を望んでいるのか聞き出す練習をすると身についていきます。   ・コミュニケーションスキル:プランナーの仕事はお客様だけでなく、 結婚式を作り上げるために携わる様々な人とのコミュニケーションが発生します。 伝え間違いや、連絡ミスが生じては大損害につながることすらあります。 コミュニケーション能力を伸ばすためには、 接客力同様、相手の話していることをよく聞くこと。 都度確認し、相手が思っていることと自分が解釈した内容に 相違がないことを確かめ、忘れないよう記録して、 次のアウトプットへとつなげていく訓練を積みましょう。   ・営業力:結婚式場をご決定いただくにあたり営業力が重要になります。 式場の良さや可能性を伝え、魅力に感じてもらい、 契約へと繋げる必要があるからです。 営業力を伸ばすためには、相手に良く思ってもらえるよう、 訴求ポイントを明確にしておくこと。 そしてヒアリングを元に相手の希望が実現できることを伝えられるのが大切です。 スピード感も重要ですので、 相手に決断してもらえるタイミングを見計らってアプローチしましょう。   ・プレゼンスキル:どのような結婚式にするか プランナーに欠かせないのが、提案する能力です。 プレゼンスキルを高めるためには、 日頃から相手に伝えたいことをポイントを絞って、 簡潔にわかりやすく伝える練習が大切です。   ・進行管理能力:結婚式は1年近くをかけて作り上げる一大イベント。 期日までに何を決め、準備しておくのか進行管理能力が求められます。 進行管理能力を伸ばすためには、結婚式に限らず、 日頃からTo Doリストなどを作り、いつまでに何を行うべきか、 時系列に整理して遂行する癖をつけておきましょう。   スキルは活かしてなんぼ! ウェディングプランナーに必要とされるスキルをご紹介しました。 スキルは活かしてこそのものです!何が必要かがわかったら、 最初はうまくいかなくても、トライアンドエラーを繰り返し、 プロフェッショナルへと成長しましょう!]]>