コラム

ドレスコーディーネーターとしてやりがいを感じた瞬間

42 views
0

ドレスコーディネーターは、新郎新婦様にとって
一生に一度の大切なご結婚式をお任せいただくため、
ミスが許されない仕事です。
新郎新婦様の想いをとても強く感じる仕事だからこそ、
やりがいを感じる瞬間はたくさんあります。
本日は私、キャリアアドバイザーの鈴木琴絵が
ドレスコーディーネーターとして4年間勤めていて
やりがいを感じた瞬間、
嬉しかったことをご紹介させていただきます。

・「○○さんに担当してもらえてよかった」「○○さんに出会えてよかった」
ご縁があり、初めて出会った日から挙式当日まで担当をさせていただきますが
もともとは他人同士で、このお仕事をしていなければ出会うことはなかったお客様。
そんなお客様からこんなにも嬉しい言葉をいただく機会は
他の仕事を選択していたら感じることはできなかったのではないかと思います。

・手紙をいただく
4年間で沢山の新郎新婦様から心のこもったお手紙をいただきました。
辛い時、落ち込んだ時、モチベーションが下がった時は
いただいたお手紙を読み返すことで、乗り越えることができました。
今でも大切に保管しています。

・挙式後も会いに来てくださる
挙式を迎えるまでは、何度もドレスショップに足を運んで頂き打ち合わせを重ねますが、
挙式後はお会いできる機会が途端になくなります。
わざわざお式後に、挙式当日の写真を見せに来て下さる方や、
新婚旅行のお土産を持って来て下さる方、
産まれたお子さまを連れてご報告にいらして下さる方もいました。
新婦様のお母様がお1人で会いに来てくださったこともありとても嬉しかったです。

今は転職をし、ブライダルからは離れましたが
ドレスコーディネーターならではのやりがいを感じることができたので
ドレスコーディネーターという職業を経験できて良かったと心から思います。

ドレスコーディーネーターへご興味を持っていただいた方はぜひご相談くださいませ。
経験談含めて求人のご紹介をさせて頂きます。
無料相談をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

※お電話でのご面談も行っております※
お問い合わせフォーム↓↓
https://bridal-biz.jp/entry/